山ガールデビュー…ひと夏の経験①

2018・10・31(水)
遅ればせながら報告です。
今年の夏、わたしと友人A美は山ガールでびゅーしました~っ!!
「ヤッホ~♪」

日帰り登山のお誘い

それは6月下旬のある日。
会社のお友達Y子ちゃんから、日帰り登山に誘われたの。
去年の秋から登山にドはまりしている彼女は、歓びを分かち合う旅の仲間を求めていたってわけ。

わたしA美は、常々思っていたわ…楽しみながら何か健康的なコトをしたいってね。
やはり五十路ともなると、容色の衰えも気になるケド、まずは健康じゃないかしら?


登山…なんだか面白そう。
でも登山って、なんか中高年の趣味って感じよね~。あ…わしらも中高年だったわ。

冒険の場は鞍掛山!

決行は2018年7月6日(金タマ)
場所は岩手山(2,038m)……の、ふもとにある鞍掛山(897m)
頂上までは徒歩で約2時間。
10時から登山開始して、12時に頂上でお昼を食べて下山。
そんな日程。
初心者にとっても優しいコース。

Y子ちゃん曰く、「夕方4時頃には自宅に戻ってゆっくりできるわよ~」だって♡

温泉もイイよね!

初心者用の山とは言え、ヘナチョコレベルの体力が通用するのかちょっと心配。

だけどA美曰く、万が一途中リタイアしたとしても、大丈夫!
Y子ちゃんならゼッタイ怒らないから」だって。
確かにY子ちゃんはユルユル系。
そうね!気楽に挑戦して、ダメなら途中で引き返して

温泉よね~♬」キャッキャッ♬

 

消えた選択肢…

後日、Y子ちゃんの同僚で登山の師匠でもあるSさん女性超真面目)も参加するコトになった。
途中下山の選択肢は消えた…。(もちろん温泉も)

甘えは許されない。つまり、死ぬ気で頂上を目指すしかないってコト。

つづく
山ガールデビュー…ひと夏の経験②
山ガールデビュー…ひと夏の経験③

コメント大歓迎!
アドレス記入は必要なす!!
メルアド云々の文言を消したいのだが消し方がわからないよ~

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

野菜とハーブと花と雑草が一緒に育つカワイイ畑を目指しています。2012年より貸農園で家庭菜園を始めました。無肥料不耕起にこだわり過ぎるあまり万年不作が続く。が、2017年、岡本よりたかさんの「耕すな」ではなく「耕さなくてよくなる土を作れ」という言葉に目が覚めました。以来、手作りのぼかし肥料やもみ殻燻炭、雑草たい肥をガンガン投入して土の中の微生物を増やしている最中です。畑で昆虫たちが生き生きと生活している様を見るのが無上の喜び。将来の夢は畑でとれた野菜を無人販売して小銭稼ぎをすることです。