ミミズが怖い!!①美人畑ブロガ―が畑の太ミミズについて調べてみたよ

ミミズとわたし

ヒトは言うミミズは畑の耕運機だよ♬
だけどそんな言葉 わたしは 受け付け
なくってよ!

畑で作業をしていると、首に襟巻きした太いミミズに遭遇するコト多し。
長さは20㎝ぐらい。

ホントびっくりして心臓止まりそうになるわ。
どうも色艶といい、形状といい、苦手なのだ。

ゆきごん
6年間畑でびっくりし続けてるケド、ゼンゼン慣れないのよね~

なんとかミミズがいない畑にならないものか…

兵法の基本、まずは敵(ミミズ)を知る

ミミズの写真見たくないけど、我慢してネットで調べてみたわよ。
え~と…太ミミズが好む環境は~と

湿り気があり、あまり耕さない、エサとなる有機物が多い場所。

ゆきごん
ん?
おらの畑の特徴
ナメクジ&カタツムリが多い(湿っている)
不耕起栽培(耕さない)
雑草マルチ 残渣は一切捨てずに通路に敷いている(エサ豊富)

ありゃ~っ!!
おらのハダゲ(※ハダゲ=畑)
ミミズの楽園だぁああ!!

結論…わたしの畑はミミズの楽園でした

どの程度住んでるかは分らんよ。余り掘ったりしないのでね。
草刈ってると、毎回2~3匹太って~のが出て来るよ。

因みに隣の畑のヒトが羨ましがるのよ。
ミミズくれ!
って言うからね。
(※隣の畑は毎年耕して、雑草はキレイに抜いて、残渣はゴミに捨てているよ)

ところで、不耕起も雑草マルチも楽しいのでヤメられないってゆ~コトで
ミミズは増える一方ですよ~

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

野菜とハーブと花と雑草が一緒に育つカワイイ畑を目指しています。2012年より貸農園で家庭菜園を始めました。無肥料不耕起にこだわり過ぎるあまり万年不作が続く。が、2017年、岡本よりたかさんの「耕すな」ではなく「耕さなくてよくなる土を作れ」という言葉に目が覚めました。以来、手作りのぼかし肥料やもみ殻燻炭、雑草たい肥をガンガン投入して土の中の微生物を増やしている最中です。畑で昆虫たちが生き生きと生活している様を見るのが無上の喜び。将来の目標は畑でとれた野菜を無人販売して小銭稼ぎをすることです。