恐怖の高畝事件簿!

万年不作のわりに、やたらこだわりだけはあったわたしの畑。
超高畝、不耕起、草生栽培、雑草マルチ、完全無肥料…。

今現在はこだわりを全てゆるめ、あちこち掘り返したり糠をまき散らしたりと、自由を満喫中!

さて、今日は高畝にまつわる恐怖体験を話そうと思うの。聞いてちょうだい。

30㎝の高畝をさらに40㎝に盛り上げた

2017年の秋、南北に立てていた30㎝の高畝を更に40㎝に盛り上げることにしたの。
そのほうが微生物が増えるらしいのよね。

だけど10㎝盛るための土が足りない。

そこで、4本あった畝を3本に減らし、通路の土を目一杯掘り起こして土を確保するコトにしたの。

数年間不耕起だった畝には沢山の太ミミズがいた。「ひえ~っ!ミミーちゃんだあああ!!」草ボーボーの不耕起の畝はミミズの天国なのだ。

そして完成。

高畝というより、切り立った険しい山々と落ちたら二度とは帰ってこれない深い谷?という感じ。

10㎝の差でなんとも恐ろしい姿に変わってしまったわ。しかも通路を深く掘ったせいで、ドブ臭までする。

 

地獄の底にまっしぐら

狭い通路に下りていくと(正に下りていくという表現がピッタリ)なんだか地獄の底に下りていくような気がしてきたわ。

そして両脇から急な斜面が迫って来て、とてつもない圧を感じる。そして想像してしまうの…

もし斜面からミミズが落っこちて来て長靴の中に入ったら…ってね。他の虫だって落ちてくるかも…

わたしはしだいに、ここが畑なのか地獄なのか、全く分からなくなってしまった。

恐怖は現実に?

そして次の日の朝、畑に行って見たものは…

地獄の底でのたうち回る太ミミズ!

「ひえ~っ!」
わたしは恐ろしさのあまり、ヒモで履き口を縛るロングの長靴をAmazonで注文した。

だけど恐怖はこれで終わりではなかったの。恐怖の連鎖は長靴事件簿に引き継がれていく…。

コメント大歓迎!
アドレス記入は必要ないよ。
承認せいなので返事はしばしお待ちくださ~い♪

恐怖の長靴事件簿!

2019.12.26

4 件のコメント

  • 人は忙しい時ほど、やらなくても良い、余計な仕事を始めるもので、、、。年の瀬の慌ただしいこの時期に、どうして続編の在る記事を書いてしまうのか、ミミズに聞いてみたい、、、。

    • ペリカン文書さんへ
      ヤル気スイッチが何時入るかは予測不能~(笑)
      雨の日でも洗濯しちゃうし、晴れても布団干さないよ。
      ペリカン文書さんもヤリタイと思ったら夜まで待てないでしょ~
      って…あれ?何の話しヨ?

  • ヤリタイと思ったら夜まで待てない、というのは、排尿の話か?夜までどころか、10分待てるかどうか、、、。ま、全裸の広瀬すずを見ても、ピクリとも動かない私なのだ(心臓の話だ)。

    • ペリカン文書さんへ
      ぶふっ
      ちょっと!笑かすのヤメてよ。
      広瀬すずは若すぎるのよ。母親だったらイケるかも
      って…ヤメれ~

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    野菜とハーブと花と雑草が一緒に育つカワイイ畑を目指しています。2012年より貸農園で家庭菜園を始めました。無肥料不耕起にこだわり過ぎるあまり万年不作が続く。が、2017年、岡本よりたかさんの「耕すな」ではなく「耕さなくてよくなる土を作れ」という言葉に目が覚めました。以来、手作りのぼかし肥料やもみ殻燻炭、雑草たい肥をガンガン投入して土の中の微生物を増やしている最中です。畑で昆虫たちが生き生きと生活している様を見るのが無上の喜び。将来の目標は畑でとれた野菜を無人販売して小銭稼ぎをすることです。