恐怖の長靴事件簿!

対ミミズ戦に備えて完全武装せねば!
地獄の高畝斜面からミミズが落ちて来ることを想定し、わたしはAmazonでひも付きのロング長靴を買ったわ。これで絶対靴の中にミミズが入る心配ナス!

本当はロング丈は履きたくないの。重いし、履く時ちょっとめんどいし夏は暑くてたまらんからね。やっぱり短いのが好き…。

だけどこの折りたためるタイプはとても軽いし、柔らかくて足首が超楽ちんなの。それに何よりカッコ良い。

わたしは自分の買い物に大いに満足したわ。

 

 

「来年の畑はこれでバッチリ!」わたしは長靴を大切に押入れにしまった。

 

そして2018年春
新しい長靴を履くのがなんだかもったいなくて、小汚いいつもの短い長靴で畑に出かけた。

で、超高畝の畑を見てつくづく思ったわ。やっぱり怖すぎるっ…てね。何も植わってない状態でさえ恐ろしいのだから、何か植わった恐ろしさはハンパ無いはず。

耐えられない。わたしはせっかく苦労して作った畝を壊すコトにした。畝を崩し、地面が平らになった途端、地獄が楽園に変わったわ。

ス~ッ…、わたしの心の中に爽やかな風が吹きぬけた。

平って安心する…。

「もう高畝やめよ~♪」

 

暑い夏
毎日せっせと畑通い。(熱中症にもなりかけた。)

相変わらず長靴は古いまま。小汚さはMAX。でももうミミズが落ちて来る心配もないし、何より履きやすい。穴でも開けば捨てるんだけどな。

そんな訳で、おニューをおろすタイミングがつかめぬまま、とうとう秋になってしまったの。

2018年9月7日
その日わたしは畑で宿根草の植え替えをしていたわ。掘り起こした宿根草を持ち上げた瞬間、ポロン…土くれか何かが長靴の中に入った。

メリッ…。

卵の殻が割れるような若干湿り気のある音…。

カっ…カタツムリ!!

余りのショックに声も出なかった。

ひぃ~っ死ぬうぅぅっ。
わたしはアパートに戻り、速攻!靴下と長靴を脱ぎ捨て、ゴミ箱に捨てた。

そしてわたしは新しい長靴を履いて畑に戻ったわ。ああ…マジ恐ろしかった。

コメント大歓迎!
アドレス記入は必要ないよ。
承認せいなので返事はしばしお待ちくださ~い♪

恐怖の高畝事件簿!

2019.12.22

6 件のコメント

  • 子供の頃、靴を履いたら、中にハチが入っていて、刺されて痛いは、潰して気持ち悪いは、しばしトラウマになったものだが、だからといって靴を捨てたりはしなかった。。。(戦後の貧しい時代だったからのう、、、。)

    • ペリカン文書さんへ
      戦後の貧しい時代か…なんだかしんみりしちゃうね。…ってゆーか
      ハチ可哀そうでしょ――――っ!!

  • 色々 試行錯誤して
    沢山 錯誤しまくってたんだね~
    畑が駐車場に ならんよう頑張って~

    ツイッター主流でブログが衰退する中
    最近 積極性 増してるじゃないですかいや
    畑解禁まで その勢いでね~
    ふぐお は 2020年 畑を応援致します

    • ふぐおさんへ
      そう、錯誤だらけだわ。
      このブログのトップページが未だ工事中なのも
      カワイイ畑の写真を使っておしゃれにと思ってるのに、小汚たねー写真しか
      撮れないからよ。も~ど~にかして!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    野菜とハーブと花と雑草が一緒に育つカワイイ畑を目指しています。2012年より貸農園で家庭菜園を始めました。無肥料不耕起にこだわり過ぎるあまり万年不作が続く。が、2017年、岡本よりたかさんの「耕すな」ではなく「耕さなくてよくなる土を作れ」という言葉に目が覚めました。以来、手作りのぼかし肥料やもみ殻燻炭、雑草たい肥をガンガン投入して土の中の微生物を増やしている最中です。畑で昆虫たちが生き生きと生活している様を見るのが無上の喜び。将来の夢は畑でとれた野菜を無人販売して小銭稼ぎをすることです。